2007年1月24日 第1回定例研究会 開催報告

001.jpg第1回定例研究会
2007年1月24日(水)20:00〜21:30
お茶の水・井上眼科クリニック18階会議室
参加者 18名

1.はじめに
1-1.お茶の水UD研究会の立ち上げについて
 お茶の水・井上眼科クリニック院長 井上賢治
1-2.これからの活動について
 桑波田謙
1-3.参加者の自己紹介

2.ユニバーサルデザイン基礎講座(1)
「ユニバーサルデザインとは?」
間瀬樹省

3.勉強会
「中部国際空港の取り組み〜UD検討会の役割〜」
鹿島建設株式会社 原利明

4.研究課題
「エレベーターホールの誘導計画見直し」
桑波田謙

初めての研究会開催で、色々と手探り状態での実施でしたが、井上眼科さんをはじめとする皆様の協力で、無事終了することができました。この研究会は、職種もUDの経験も様々な方が参加されています。また、医療関係者の方々が参加されているのも特徴です。単なる定期セミナーの開催に留まることなく、学び、研究・調査し、発信できる研究会として活動を広げてゆきたいと思います。
原さんよりご紹介があった「中部国際空港」はすばらしい事例で、障害当事者の団体がコンサルティングを請け負うという画期的な取組みが行われています。ここで調査に参加た視覚障害の方は数名、それでも非常に効果があるということと、お茶の水・井上眼科クリニック設計時に実施された数十名の調査がいかに貴重であるかを感じた発表でした。(事務局)