2017年10月4日開催 第119回定例研究会

第119回定例研究会

2017年10月4日18:30〜20:00

お茶の水・井上眼科クリニック 新御茶ノ水ビルディング3F会議室

テーマ「三菱電機におけるユニバーサルデザインの取組み」

山崎友賀氏 三菱電機株式会社 デザイン研究所 UXデザイン基盤グループ

三菱電機は、1990年代にユニバーサルデザインを製品開発に取り入れる活動を始めました。家電製品から始まったその活動は、現在では公共製品や情報機器、産業機器など、様々な製品に適用されています。「より多くの人に使いやすいモノづくり、生活しやすい環境づくりのために」という理念のもと、当社デザイン研究所はユニバーサルデザインを牽引する立場として、設計段階で使用できるガイドラインを整備し、実際のユーザーの方に使っていただいての製品評価や独自のチェックツールの活用を通じて、使いやすく満足度の高い製品の開発を目指してきました。今回は、これらの製品開発におけるユニバーサルデザインの取り組みについてご紹介します。また、日頃お使いの家電製品や公共製品などについて、多くの人が楽しく、心地よく使えるようにするためにはどうしたらよいか、皆様のご意見をうかがうことができれば幸いです。